リンガル矯正治療症例

こんにちは名古屋市東区葵にあります葵デンタルデザインオフィスです!

今回はハーフリンガル矯正治療により叢生と口元の突出感を治した症例をご紹介します。

分かりやすい咬み合わせの面からのお写真です。

【矯正治療開始前】

正面から見ると完全に側切歯が奥に入ってしまい見えない状態になっています。そのため咬み合わせもずれてしまっていた状態です。

またお顔の正中と歯の正中の位置もずれていました。

【矯正治療終了時】

左右第一小臼歯を抜歯し矯正治療を行いました。

がたつきが無くなり綺麗なアーチに歯列が並びました。

正中の位置もお顔と合わせていきましたので患者様にもご満足頂けました。

リンガルブラケット装置のため正面からは装置が見えません。装置が目立たず矯正治療をしたいという方にオススメです。

目立ちにくい装置ではインビザライン(マウスピース矯正)、リンガルブラケットがあります。

表側に装置がくるクリアブラケット装置は透明な装置と白いコーティングのされたワイヤーをしております。マスクが欠かせない今の時期ではこちらの装置を選ばれる方も増えてきています。

基本的にワイヤーによる矯正治療の方が矯正治療の期間が短くなります。既製品の装置のためオーダーメイド料金が発生しないので料金も他の物に比べ抑えることが出来ます。

それぞれにメリット、デメリットがございますので過去のブログ記事も是非ご参考にして下さい。

関連記事

  1. 美しい横顔ライン

  2. 1本だけ引っ込んでいる前歯を矯正治療

  3. 当院から大切なお知らせです

  4. クリアブラケット装置の症例

  5. ラシャスリップで唇にハリとつやを!

  6. 美の定義、E-line

PAGE TOP
single